包茎手術のデメリット

包茎手術も近年では日帰り手術が主流となっているようです。ここでは、環状切開式を行なった場合の術後の状態や生活上の注意点などをまとめてみました。

包茎手術の傷跡

若者の男性向け雑誌によくあるのが「切らずに治す」「傷跡を残さない」といううたい文句ですが、実際これは無理であろうと思われます。包茎手術が包皮が亀頭に被らないようにするための手術である以上、「切らずに治す」方法があるとは考えられません。
また、切る以上どうしても傷跡は残ります。最近では技術の進歩もあって傷跡を「目立たなくする」ことはできるようになっていると聞きますが「傷跡を残さない」ことは不可能でしょう。また、場合によっては傷跡がケロイド状になってしまうこともあるようです。手術を受ける場合にはこれらのことも考慮に入れて、アフターケアのしっかりした場所で行う必要があります。

包茎手術の費用

真性包茎やカントン包茎の場合には病気という認識がなされますから保険が適用されますが、仮性包茎の場合には適応になりません。
その場合、包茎手術の相場は10〜20万円程度。これは包茎の程度によっても変わってくることがあるようです。なんだかんだと患者を脅かしていろいろオプションをつけさせ、多額の費用を請求してくるようなところもあるようで問題視されていることがあります。

性感帯損傷の危険性

亀頭のカリ下の部分や包皮小帯(裏スジ)部分には感覚神経が多く走っています。万が一この部分を手術によって損傷した場合には性感が損なわれる場合があります。この場合、勃起不全となってしまったり、射精が困難、または不能になってしまうことがあります。

切除が必要な包皮の量がわかりにくい

包皮を切りすぎれば勃起時に突っ張ってしまい痛みを伴うこととなってしまいますし、逆にそれを心配して切る量が足りなければ結局包茎のままということになってしまいます。