真性包茎

真性包茎とは

包皮の口が極端に狭いために亀頭が完全に覆われた状態になっていて、自分では剥くことができない包茎のことをさします。包皮と亀頭が癒着しているケースもあります。勃起すると亀頭が締め付けられるために痛みを伴うことが多いといわれます。
真性包茎の最大の問題は、 垢が貯まり不潔になる事です。そこから亀頭包皮炎や尿路感染症、カントン包茎等を起こす場合には手術が必要となることもあります。性生活に不満がでることもあり、子宮癌との関連も指摘されていますので何かしらの対策が必要となるでしょう。
真性包茎は遺伝的な素因が強く関係していると思われますが、幼児期の勃起経験の多さなどにより包皮が伸びてしまい、亀頭が露出する必要がなくなるなどの要因もあるようです。それも含めて遺伝と言えばそれまでかもしれません。通常、真性包茎でなければ3歳位から包皮を剥くことが可能となると言われますので、早ければその時期に治療を行いますが(海外では多いようです)、日本では通常成人して包茎を自覚した上で対策を施すことが通常です。

真性包茎の対策

真性包茎の場合、自力で行なうものとしては、包皮の口を広げるように毎日努力することで解決する事もあるようですが、あまり無理なことをやるとカントン包茎の状態になることもあるので注意が必要です。
自力での解決では難しいケースもありますので、根本的な解決策としては手術を行なうことになります。手術は泌尿器科や形成外科、美容外科で行なわれています。いくつかの術式があるようですが、それは後程説明する事にしましょう。真性包茎の場合には保険による手術も可能です。